夢幻軌道 乗務員日誌

リエコ車掌の不定期絵日記です。管理人の生存確認はここでお願いいたします。

編集プロダクション

アリエッティ

学生時代、絵本ゼミを専攻しておりました。

そこで知り合った絵本作家の紹介で、編集プロダクションに短期でしたがアルバイトをした経験があります。

原稿の受け取りとか、書類を渡すだけの
「郵便屋さんの配達」
のような誰でもできる簡単なアルバイトでしたが
・福武書店(現ベネッセ・コーポレーション)
・学研
・フレーベル館
等など・・・絵本関係の出版社やイラストレーターの自宅に訪問できたのは、人生の中で貴重な体験をさせて頂いたと思います。

ある意味、絵本作家の紹介だから採用してくれたようなものだと思います。


池田げんえい先生のサイン
↑仕事を紹介して下さった、某絵本作家のサイン。

編集プロダクションでアルバイトした時、「11ぴきのねこ」の原作者、馬場のぼる先生のナマ原稿を拝見した時は感動しました。


<好きな絵本は沢山あります>

「ぐりとぐら」
日本全国の幼稚園や保育園、小学校で扱っている有名な絵本ではないでしょうか?
アニメ会社スタジオ・ジブリが「そらいろのたね」をアニメ化しましたね。

「はじめてのおつかい」
スタジオ・ジブリのアニメーター、宮崎駿と近藤喜文が林明子の挿絵がお気に入りだそうです。

「100万回生きたねこ」
この作品はミュージカル化されました。

<海外の作品では>

「どろんこハリー」(アメリカ)
挿絵が可愛いです。

ジル・バークレムの
「野ばらの村の物語」(イギリス)
の挿絵も大好きです。

もう、上げていくとキリがないです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

母の知り合いの絵本作家 おのちよ
至光社 ホームページ
http://www.ehon-artbook.com/books/search.php?no1=23&no2=101
毎年おのちよ先生から年賀状が届きます。

池田げんえい作品集
http://members.jcom.home.ne.jp/0718722001/atelier_g/

児童書『霧のむこうのふしぎな町』挿絵画家・竹川功三郎のオフィシャル・ブログ
http://kou-takekawa.blog.so-net.ne.jp/2014-12-21「野ばらの村の物語」がブログで紹介されています。


(※この絵日記は、2016年03月29日にギャレリアに投稿したものをブログに移動しました )

   
↑応援クリックお願いします↑
スポンサーサイト

 絵日記