夢幻軌道 乗務員日誌

リエコ車掌の不定期絵日記です。管理人の生存確認はここでお願いいたします。

江戸にフランス革命を!

江戸にフランス革命を!
イラストは池田理代子原作の「ベルサイユのバラ」

2011年の出来事…再度昔のニュースで失礼いたします。
「ベルばら」と「フジテレビデモ」のコラボネタをやりたかったのです。
今回、転載記事で私の考えた文章投稿していません。ご了承下さいm(_ _)m


主題歌、「薔薇は美しく散る」が見つからず…、フジテレビのデモに近いフランス革命の動画を貼っておきます!


■フジテレビ出身のフリーアナウンサー長谷川豊さんの記事より(転載)
『TV局社員、ネットの住人を見下す?』
http://news.livedoor.com/article/detail/9384986/

テレビマンたち、とくに僕らキー局の人間(正社員たち)はネット上に色んな書き込みをしている人たちをとても見下しています。これは現在もです。

あぁ、社会不適合者ね。
あぁ、ネットの「住民」ね。
ニート、ニート。

皆さんも聞いたことあると思いますが、ネットの「住民」という言葉。実はこれ程差別的目線で作られた言葉はありません。ネットに書き込んでいる人は「ネットに書き込んでいる」人であって、そこに「住んでいる」訳ではありません。そんなことを言いはじめたら、僕らアナウンサーは「マイクの前の住民」だし、「ディレクター陣」は「編集機の前の住民」になっちゃいます。

フジテレビデモ
▲フランス革命のベルサイユ宮殿化したフジテレビ?
この光景は世界のニュースで報道されながら、日本では取り上げなかったそうです。
※メディアの編集権の乱用「報道しない自由」を行使している。


2011年。

フジテレビの前で大規模なデモが起きました。集まった大半はいわゆる「ネットの住民」だったそうです。で、あるフジテレビの局員はそのデモに…

身分を隠して参加してました。

本当です。あのデモ隊の中に、フジテレビ社員がいたのです。そして、ある程度の所で、彼はそのデモから抜け出し、フジテレビの中に戻り、笑いながら周囲に言っていました。
「案の定、キ●ガイばっかだったよ(大笑)」
「キ●ガイ」と言う単語はそもそも放送禁止用語です。きわめて失礼な言葉です。僕はその当時、アメリカNYに赴任していたので、一時帰国の時にその話を聞きました。結局、フジテレビはそのデモの様子を一切ニュースで扱う事もなく、無視した、と聞きました。キー局の周りに、何千人と言うデモ隊が来たにもかかわらず、取り上げなかった、と。

ネットに書き込んでる「ネットの住民」など相手にする価値はない

そう言わんばかりの扱いでした。しかし、その後、事態は思わぬ方向へ展開します。
韓流のごり押しに反対するネットを中心とした声は拡大の一途をたどり、ついにはフジテレビに対し多額の広告費を支払っている大手のスポンサーへとその攻撃対象は移っていきました。

フジテレビは無視できなくなりました。

現在、フジテレビ上では、あれだけゴリ押ししまくっていた韓流の放送はほぼ皆無となり、また大きくイメージを傷つけられたフジテレビは、テレビ朝日にあっさりと抜き去られ、現在、視聴率3位と苦しんでいます。経営規模や営業成績から言って、テレビ朝日の後塵を拝するわけのない規模のフジテレビが、テレビ朝日さんに完全に勝てない状態が続いています。僕は、あのデモ行進を…反韓流騒動を

ネットの声が大メディアに勝利した、歴史的な事態

だと捉えています。その最初の事例として、語り継がれるものだろうと。
ネットの声の中には、確かにまだ見るに堪えないものも少なくありません。読む必要もないものも少なくないでしょう。
でも、御意見にもあるとおり、本当に「普通の人」が「怒りとともに」懸命に発信している「真剣な声」ってものがあります。叩きゃあいい、罵詈雑言を並べればいい、そういった声も少なくないので、それはさすがに無視しててもいいとは思うんですが、本気で発信しようとしている声を無視していると、これからは手痛いしっぺ返しを食らう時代ではないかと思います。だって、その声は「普通の人が普通に感じた気持ち」なのだから。


韓流ゴリ押し ▲「TVを洗脳に使うな!」日本人を怒らせた韓流偏向番組(武器を使わない情報戦)。スポンサーもロッテはじめ朝鮮企業ばかり?

放送法 国内放送等の放送番組の編集等
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S25/S25HO132.html
〈第四条 〉
放送事業者は、国内放送及び内外放送(以下「国内放送等」という。)の放送番組の編集に当たっては、次の各号の定めるところによらなければならない。
一  公安及び善良な風俗を害しないこと。
二  政治的に公平であること。
三  報道は事実をまげないですること。
四  意見が対立している問題については、できるだけ多くの角度から論点を明らかにすること。

テレビやラジオ等の放送局は、日本の場合、新聞や雑誌と違ってそれぞれの立場で偏向報道を行う事が許されていません。
これは放送法第4条に規定されています。
国家の共有財産である限られた公共の電波なので、一部の事業者に独占利用の許認可を与える際に、これらの条件とされているのです。ですから放送局が、民意を一定の方向に誘導する偏向報道を行うことは許されないわけです。

様々な法案に対して色々な意見があるのは当然であり、それを自由に表現するのは民主主義の基本ですが、一部の意見や主権をを切り払って世論を誘導しようと試みることは、民主主義への冒涜であり、公益に資すべき放送局にあるまじき行為です。




>テレビマンたち、とくに僕らキー局の人間(正社員たち)はネット上に色んな書き込みをしている人たちをとても見下しています。これは現在もです。

>あぁ、社会不適合者ね。
>あぁ、ネットの「住民」ね。
>ニート、ニート。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーー

↑・・・コレ、本当なのでしょうか?
『視聴者の支えがあってのTV局』なのではないでしょうか?

マリー・アントワネット「お金がない?」「もっと税金を上げればいい!」「税金を納めるのは国民の義務です!」「パンがなければお菓子を食べればいい」

フランス革命の、マリー・アントワネットはじめ、堕落した貴族のような発言のようです。
・キー局の人間(正社員)=貴族
・ネットの住人=平民
そんな感覚なのでしょうか?


どんどん視聴率が下がり、視聴者が離れていけばどうなるのか?
「ネットの住人!ニート!」と、TV局社員がバカにしている人達だって立派なTVの視聴者です。
視聴者(ネットの住人)に支えられているTV局が、視聴者の声を無視した結果・・・
見下していた視聴者にソッポを向かれ、デモが行われ、TV局を支えるスポンサーの商品買わない運動まで発展。
こうなったというブーメラン結果論?

オマケ
フジテレビ…サザエさん、ちびまる子ちゃん以外、視聴率1ケタ!
サザエさんのスポンサー、東芝継続(産経新聞)
http://www.sankei.com/economy/news/170308/ecn1703080017-n1.html



   
↑応援クリックお願いします↑
スポンサーサイト

 社会問題